ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Windows Server 2008 R2 環境構築時につまずいたこと

スポンサーリンク

いろいろある。

f:id:AJYA:20120713212650j:plain

 photo credit: toughkidcst via photo pin cc

 

Windows Server 2008 R2にアプリケーションをインストールしていて、つまずいたこと。

1.NET Framework 3.5がインストールできない。

SQL Server 2012をインストールしようとしたら、.NET Framework 3.5がインストールされていないといけないと表示される。

調べると、.NET Framworkは、2.0/3.0/4.0はインストールされていたが、3.5がインストールされていない。 

インストールされている .NET Framework バージョンの確認

 Microsoftのサイトからダウンロードしてインストールしようとインストーラを起動しても、エラーになってしまう。

同様の現象の解決策を探したら、以下のサイトが見つけることができて、無事インストールできた。

[Windows Server] Windows Server 2008 R2 にMicrosofrt .NET Framework 3.5.1 をインストールする

2.80番ポートが使われている。

上記のインストールで、IISもインストールされたので、コマンドプロンプトから

netstat -an

で確認したら、httpで使う80番ポートが既に使われていた。

IISのマネージャとかなかったっけ?と思いながら探したが見つからず、サーバーマネージャーの役割にIISがあった。

そこからサービスを停めてはポートの状態を確認したら、[World Wide Web Publishing]を停めたら、80番ポートが使われなくなった。

その状態でApacheをインストールしたら、Webサーバーとして起動できたので、[World Wide Web Publishing]は、サービスから無効状態に変更しておいた。

 

ここから先は、つまずく点は何もないはずなんだけど、あったときは経験と思って対処していく。