ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

作業内容はまとめて残さないと、再利用時に手間がかかる

スポンサーリンク

サーバーの設定で余分な手間がかかった。

f:id:AJYA:20120711212943j:plain

photo credit: bwc via photo pin cc

 

状況

Windowsサーバーを新たに設定することになったが、以前別のサーバーを設定したのが昨年の7月で、ちょうど1年くらい前。

昨年の作業内容は残してあったので、それを見ながら順次作業していった。

 

過去の作業内容と、現状が一致しない

作業内容では、Windowsのディレクトリにコピーしたと書いてあるが、実際には実行形式ファイルと同じディレクトリにコピーされていたり、変更するはずの設定が書かれていなかったりした。

ファイルのコピーについては、実行形式ファイルにコピーしても動作するのでは?というメモが残してあったので、後日試したのだと思う。

変更するはずの設定も、後日お客さんの要望で設定変更を試したのが、別の記録として残してあった。

他にもレジストリの設定変更やメール関係の設定も、一緒に残っていなかった。

 

今日学んだこと

作業内容は細かいことも含めて、1つにまとめておかないと、後日参照することになったときに、手間がかかって効率が悪い。

 

昨日と今日で作業した内容は、まとめて1つにしてあるからいいが、後日の作業も反映していなかいと、また同じことになってしまうので、それは阻止する。