ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

日経ソフトウェア 2012年5月号感想

スポンサーリンク

特集2 C#の難所を乗り越える

今までにC#を書いたことがないので、色々勉強になった。今後C#を書く場合は、参考にしたい。

LINQ to Objectsは、データベースのカラムのが増減した場合も、簡単に修正できそう。

 

スマホアプリをHTML5で作ろう 第5回

jQuery Mobile使うと、ユーザーインターフェースがネイティブアプリのようにできるのはメリットだと思う。

反面、jQuery Mobileにあわせるために、HTMLのコードの書き方が変わってくるようだ。

スマフォ用とパソコン用とは、手間がかかるが、完全に作り分けるのが無難に思える。

勉強不足のため、実は違うかもしれないが。

  

新規格で学ぶC++入門 第4回

マルチパラダイムの言語という認識はなかった。

関数型としても使えるんだ。

 

デバイスドライバ開発入門 第2回

今回はPingデーモン。

こういったドライバを開発して試していると、Ethernetについて理解が深まりそう。

 

SQL Server 2012を徹底解説

2012で第4世代になるのか。

2005、2008、2008 R2は第3世代というのは、インストーラが違っても、使っている限り違いが感じられなかったことからも、納得できる。

バイナリファイルを管理できて、SELECTで情報を取得できるとあるが、DELETEすると、ファイルの実体も削除されるんだろか?

シーケンスに文字列使えるようになるのは便利そうだけど、今のところ利用シーンが思いつかない。

 

次号で誌面刷新されるが、どんな風に変わるのか楽しみだ。