ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

Oracle

Oracle 11g環境構築で悩んだこと3点

先日こちらの記事を書きました。 ajya.hatenablog.jpこの記事では触れませんでしたが、Oracle 11g環境構築で3点悩みました。1点目:キャラクタセットを変更すべきかわからない 2.データベースの作成 先ほどと同じPDFの14~32ページを参考にして作成しました…

Oracle 11gの環境構築

何年か前に構築されたテスト用の環境を参照しながら、新しい本番環境の構築をするために、初めてOracle 11gのインストールからデータベースのインポートまでを行いました。 手順を忘れないために書いていきます。 photo credit: Fenng(dbanotes) Security Mo…

Oracle:なぜかINDEXが全くなくなっていたデータベースにINDEXを再作成

普段SI Object Browserというアプリケーションを使って、Oracleを操作しています。 テストで同じ挿入のSQLを2度実行したところ、重複で2度目はエラーになるはずが、エラーになりませんでした。 photo credit: Experience Green via photopin (license)制約が…

Oracle:DATE型カラム用データの生成方法

Oracleにデータを挿入しようとしたところ、「ORA-01830: 日付書式の変換で不要なデータが含まれています。 」が表示されました。 SQL文は、 INSERT INTO users (column1, datecolumn1) VALUES ('1', '2016/02/04 23:59:59') です。 DATE型のカラムでエラーと…

Oracle:長い文字列が挿入できない

取得したデータをOracleデータベースに挿入しようとすると、「ORA-01704: 文字列リテラルが長すぎます 」が発生しました。 カラムの型は、CLOB型なので、十分挿入できるはずです。 photo credit: IMG_1078 via photopin (license)上限がある検索してみると、…

SQL Developerを利用する上での注意点

簡単なことですが、Oracleは自動ではコミットされません。 SQL Developerを使っているときに更新や追加のクエリでデータを操作した後は、コミットボタンを押すか、F11を押さないと、コミットされません。 そのことを忘れて、コミットされているつもりで検索…

Oracleは知らないことがまだまだいっぱい

最近Oracle 10g、11gを利用する案件が続いています。 photo credit: DSC_0157 via photopin (license)Oracle 10gを利用する案件他社が構築したシステムの運用を委託されています。 Oracleの操作は、SI Object Browserというアプリを利用しています。 データ…

Visual Basic 2013のアプリからOracleデータベースに接続するソースコード

先日、Visual Basic 2013のアプリからOracleデータベースへ接続する方法としてドライバのインストールおよび参照設定を書きました。Visual Basic 2013のアプリからOracleデータベースに接続する方法 - ソフトウェア開発者の日常ajya.hatenablog.jp今回はソー…

Visual Basic 2013のアプリからOracleデータベースに接続する方法

不慣れなOracleデータベースに接続するために調べた結果です。動作を確認した環境は、Windows 7 Professional SP1 64bit版から、Oracle Database Express Edition 11g Release 2への接続です。 1.Oracle Data Access Components (ODAC) for Windows Download…

Oracle SQL Developerを使って、便利だったところ

先日からOracleを操作するときには、SQL Developerを使っています。 Oracle SQL Developerで文字化けなし - ソフトウェア開発者の日常 Oracle SQL Developerで文字化けなし - ソフトウェア開発者の日常SQL Developerを使っていて気づいた、便利だと思った点…

Oracle SQL Developerで文字化けなし

あっさり接続できて、文字化けも発生しませんでした。 photo credit: therefromhere via photopin cc昨日書いた記事で、 SQLPlusに代わるクライアントアプリを入れたほうがいいのかもしれません。と書きました。 SQLPlusでの表示上の文字化け対策が原因で接…

SQLPlusでの表示上の文字化け対策が原因で接続できない現象が発生しました

文字化け対策するとローカルの環境につながらなくなるとは予想外でした。 photo credit: Håkan Dahlström via photopin cc データベースにオラクルを使っているお客さんの環境につながるサーバーに、自社のテスト環境が構築されています。 そのサーバーにオ…

Oracleのトリガーを勉強中

目的のトリガーの作成方法は、把握できました。 photo credit: Håkan Dahlström via photopin ccデータベースにOracleを使っているシステムで、エラーがごくたまに発生しているとの連絡がありました。 Aシステムがデータをワークテーブルに入れて、Bシステム…

Oracleへ接続する場合設定しなければいけない環境変数

自動で文字コードを処理して表示してくれる無料のクライアントアプリはないのかな。同僚から保守を引き継いだシステムがあります。 システム自体がお客さんの社内で動作していて、データベースだけ接続できるように許可されています。ある事象を調べるために…