ソフトウェア開発者の日常

こだわりなく書きたいことを書いていきます。

1週間の振り返り(2017/7/29〜2017/8/4)

すき家豚丼たまごセットです。
f:id:AJYA:20170805060501p:plain
伝票にトン丼と書かれているのを見て、ぶたではなくトンなんだなと認識しました。

  • 2017/7/29(土)
    おやつの時間帯に初めて星乃珈琲店に行きました。
    以前は行列ができている印象でしたが、片づけを待つだけで入れました。
    スフレパンケーキは20分待ちでしたが、食べてよかったです。

www.hoshinocoffee.com

  • 2017/7/30(日)
    うなぎのお店に行ったら駐車場がいっぱいで停められなかったので、諦めて初めてステーキ宮に行きました。
    お昼どきに行ったので、30分くらい待ちました。
    ランチはスープバーがついていて、4種類スープがあったので、全て飲んでいました。
    スープバーに冷製スープもあるのは、珍しいと思います。

www.miya.com

  • 2017/7/31(月)
    先週から引き続いて他部署の方が作成したシステムのテストをしました。
    3システムを3人で作っているのはいいのですが、相互にどのように作っているのか情報を共有できていないようで、こちらのシステムでは問題なく動作している機能が、あちらのシステムでは正しく動作しないといった具合です。
    情報共有をうまくして、効率よくシステムを作成してほしいです。
  • 2017/8/1(火)
    あるシステムの登録受付締切日時を変更しました。
    毎回一旦決まったことが覆るので、またかという気持ちになりました。
    コロコロ変えるのは手間なので止めてほしいです。
  • 2017/8/2(水)
    普段開発しているシステムよりやや複雑なシステムの依頼があったので、部下に作成を任せました。
    最近は自分が作成するのではなく、他部署や部下に任せることが多いです。
  • 2017/8/3(木)
    これまでのシステム作成の方法を引き継ぐために周りに指示をしていますが、指示の出し方が不足していて、度々追加や訂正をしています。
    どのような追加や訂正をしたかは控えているので、次からは精度よく指示ができるはずです。
  • 2017/8/4(金)
    朝一でお客さんから電話があり、対応をしていました。
    12時にWebシステムを開始したいので、それまで受付前の表示をしたいなら、事前に連絡をして欲しかったです。
    幸い機能があったのですぐに対応できましたが、利用しない機能なだからとテストをしていなかったので、予定通り動作するのか改めてテストをしていました。


他部署が作ったシステムの利用が始まりましたが、一部機能はまだテストが不十分なため稼働をしていません。
一通り動作確認したというので、あたらめて一通り確認すると、正しくない動作をするので、どこが一通り確認したのかと聞きたくなります。
先週も書きましたが、コミュニケーションの取り方を考える必要があります。

ながら作業を止めて満足感をアップ

先日、満足感が得られていないと書きました。
ajya.hatenablog.jp

なぜ満足感を得られないのか、ブログがなかなか書けないのかと考えると、ながら作業をしていることに気がつきました。

具体的には、風呂上がりにテレビ東京系の番組を見ながらブログを書いていました。
曜日によって見たり見なかったりしますが、23時からのワールドビジネスサテライトは必ずと言っていいほど見ていました。
www.tv-tokyo.co.jp

23時までテレビを見ないときは、Podcastを聞いていました。
ajya.hatenablog.jp

以前はテレビを見たり、Podcastを聞いたりしないで、ブログを集中して書いていましたが、そうではなくなっていました。
テレビを見たり、Podcastを聞いたりしながらでは、気になることがあるとそちらに気が行ってしまい、だらだらブログを書いていました。

f:id:AJYA:20170804235651j:plain
photo credit: ibrand_nz How to write via photopin (license)

ながら作業を止める

ブログを書きながらの、ながら作業を止めることにしました。
それでも、23時からのワールドビジネスサテライトは見たいです。

それならば、23時までにブログを書き終えてしまおうと考えました。
どうしても23時までに書けなければ、書けるまで見ないことにしました。
Podcastもブログを書くときは聞かないことにしました。

そうしたことで、締め切り効果で集中してブログを書くようになり、23時までに書き終えたときは、満足感がありました。


なかなか毎日23時までに書き終えることはできませんが、ブログを書く時間は書くことに集中して達成感という満足感を得ていきたいです。

通信機器のトラブル対処は、電源を全部入れなおした方が手っ取り早い

朝起きて、iPhoneでWebサイトを見ようとしたら、なかなか表示れません。
特定のサイトだけなのかな?と思いながら、他のアプリでデータを処理すると処理できたので、特定のサイトだけかと思っていました。

パソコンを起動してWebサイトを見ようとすると、iPhoneと同じようになかなか表示されません。
おかしいなと思っているところに、妻が起きてiPhoneでWebサイトを見ようとすると、僕と同じようになかなか表示されません。

見ようとしたサイトはバラバラなので、特定サイトの問題ではなく、通信回線の問題のようです。

f:id:AJYA:20170803225440j:plain
photo credit: Paul L McCord Jr The new T-Mobile Asus Cellspot router next to the Apple router and the modem 3/19/2015 via photopin (license)

無線LANルーターを再起動

iPhone/パソコンともに無線LANで自宅の回線に接続しているので、無線LANルーターを再起動することにしました。
無線LANルーターの電源を抜いて10秒ほど待ってから電源を接続し直して再起動完了です。

再起動したのを確認して、iPhoneとパソコンでWebサイトを見ると、相変わらずなかなか表示されません。

ONUCTUVoIPアダプタ、無線LANルーターを再起動

無線LANルーターの再起動は効果がなかったので、今度は光回線に関係している、ONUCTUVoIPアダプタ、無線LANルーターの4つの機器を再起動することにしました。

ONUCTUVoIPアダプタ、無線LANルーターの4つの機器は、電源を一つのテーブルタップからまとめて取っています。
テーブルタップをコンセントから抜き、先ほどの無線LANルーターの再起動と同じように10秒ほど待ってからコンセントにさし直して再起動です。

各機器のインジケータを見て再起動が完了したしたことを確認して、iPhoneとパソコンでWebサイトを見ると、すぐに表示されました。
最初からONUCTUVoIPアダプタ、無線LANルーターの4つの機器をまとめて再起動すれば早く解決できました。


不調になった原因はわかりません。
無線LANルーターは、3年経っていませんが、ONUCTUVoIPアダプタは短くて8年近く、長ければ引っ越し前も含まれるので10年くらいは使っているはずです。
ajya.hatenablog.jp
室温25度等の安定した温度の環境ではなく、夏には30度を軽く超えているであろう場所に置いてあるので、劣化も関係して熱暴走の可能性も考えられます。

NTT西日本では、フレッツ光プレミアムのサービスを終了するので、切り替えが必要です。
flets-w.com
まだ先のことなので放置していましたが、切り替えに際してプロバイダになにか手続きが必要なのか確認等必要なことを行い、新しい機器に交換して、安定した通信環境を用意したいです。

いろいろ迷うけれど、ソフトクリームが好き

今週のお題「好きなアイス」で、思ったのがアイスクリームならぬソフトクリームです。
違うものかと一瞬思いましたが、Wikipedia見たら「柔らかいアイスクリーム」と書かれていたので、アイスクリームの一種ですね。
ソフトクリーム - Wikipedia

お茶屋さんのソフトクリームが好き

ソフトクリームで好きなのは、アピタに入店しているお茶屋さんのソフトクリームです。
大サイズと小サイズがあり、大サイズは、バニラ/抹茶/バニラと抹茶のミックスが選べます。
小サイズは、残念なことにバニラのみです。
小サイズでも他の味を選びたいときがあります。

f:id:AJYA:20170802223746j:plain
photo credit: jpellgen Matcha/Hojicha Soft Serve via photopin (license)

買うのは大抵、大サイズのバニラと抹茶のミックスです。
さっぱりしたバニラだけでは物足りないけれど、抹茶だけでも嫌なので両方の味が楽しめるミックスを選びます。

子どもはあっさりバニラが好きなのかなと思っていたら、抹茶を食べてからは、みどりー、みどりがいい、と言って要求してきます。

柔らかいので暑い夏はすぐに食べなければなりません。
車まで持って行こうと歩いていると、確実に溶けてきてしまいます。


お茶屋さんのお店の前の椅子に座って食べていると、たまにお試しのお茶をいただけるのもありがたいです。

最近満足感を得られていない

なぜ得られていないかは、以前書いた記事の状態からかけ離れた状態になってきてしまっているからと感じています。
ajya.hatenablog.jp
最近は特にプライベートのルーチンタスクができていないです。

このブログの更新も、少なくとも日付をまたがないように朝から作成して、早ければ朝の内に完了させたり、昼休みに完了させたりしていました。
最近は、日付をまたぐことがたびたびです。

f:id:AJYA:20170802002300j:plain
photo credit: wuestenigel Tablet and Pen via photopin (license)

なぜそうなったのか

仕事で疲れていて眠いので、少しでも寝る時間を確保したくて、寝る時間を優先しているというのがあります。
ブログとして書きたいと思うネタが浮かんでこないことが、最近多々あり、なかなか書き出せないことがあります。
ブログのネタが浮かんでも、上手く書きあわらせることができず、書き直すこともたびたびあります。
ブログ以外に書いておきたい事項があって、そちらを書いて時間が取れないというのもあります。

毎日更新という目標が無理なのかもしれません。
無理のない範囲で更新となると、どんどん更新間隔が開いて、あっという間に更新しなくなりそうです。


満足できない生活を続けるのも嫌です。
打破する方法をすぐには思いつけないので、模索し続けることになりそうです。

最新回まで聞いて一番面白かった回

先日、Podcastを聞き始めたことを書きました。
ajya.hatenablog.jp
第33回までを聞いたことを書きましたが、最新回の第64回まで聞き終りました。

第64回まで聞いた中で面白かった回はいくつもありますが、1周年記念ゲストが出演した、第54回~第58回は特に面白かったです。
ゲストとのかけあいがよかったです。

1か月かからず第64回まで聞くことができ、今二回り目を聞き始めています。
一回聞くだけで飽きず、二回り目も楽しく聞けているので、僕にPodcastの雰囲気は合っているようです。

たまにこうして欲しいという要望が紹介されていますが、そういう要望をするなら聞くのを止めちゃえばいいのにと思うこともあります。
強制されて聞かされているわけではなく、聞く/聞かないを選択する権利は聞く本人にあります。
気に入らない部分があるから自分好みになってほしいと思うくらいなら、いっそのこと聞くのを止めてしまえばすっきりすると思います。

なぜ今年はWRCの情報を意識的に見るようにしたのか

今年はWRCの情報を、Rally+.netという限られた媒体とはいえ、毎戦必ず情報を見ています。
WRC.com® |Official Website FIA World Rally Championship
RALLYPLUS.NET ラリープラス – WRC, 全日本ラリーからTGRラリーチャレンジまで。ラリー総合ポータルサイト

WRCとの距離感

NHK-BSのWRCの番組で見たのが初めてで、何年頃なのかよく覚えていません。
1994年くらいかもしれません。

1997年頃から、RALLY・XPRESSという雑誌ともう一誌を購入して読むようになり、最初は雑誌だけだったのが、何年か後にはビデオやDVDも購入するようになりました。

結婚を機に、スカパー!に加入してJ SPORTSWRC番組を見るようになりました。
www.jsports.co.jp

J SPORTSWRC番組を見るようになったわりには、見ている時間がなかなか取れていませんでした。
子どもが生まれたことで、よりテレビ自体を見る時間が取れなくなり、スカパー!を解約して、WRCを映像で見る機会はなくなりました。

そのままで過ごしていましたが、昨年twitterでRally+.netのアカウントをフォローしたことをきっかけに、WRCの状況はなんとなく把握していました。
セバスチャン・オジェが4連覇したことに驚いたり、フォルクスワーゲンがフル参戦していたのを撤退したことを知りました。

f:id:AJYA:20170731000146j:plain
photo credit: Miguel Angel Prieto Ciudad Lancia Delta Integrale via photopin (license)

なぜ今年はより積極的に情報を見るようになったのか

トヨタがワークス体制でWRCのトップカテゴリーに参戦するようになったからというのが一番大きいです。
トヨタ車が特に好きなわけではありません。
日本の自動車メーカーがワークス体制でWRCのトップカテゴリーに参戦しているからです。

日本の自動車メーカーがワークス体制でWRCのトップカテゴリーに参戦していることに、こだわっているとは思っていませんでしたが、結果はこだわっていました。
そうでなければ、限られた媒体からの情報だけとはいえ、時間をかけて情報を読むようなことはしません。

日本の自動車メーカーが、WRCで活躍しているのを見たかったんだなと新たに自覚しました。